ひどい 虫歯

スポンサード・リンク

ひどい虫歯の治療方法とは?

歯医者嫌いな人は、今も昔も多いものです。歯医者に行くのが嫌で、虫歯を放置している人いませんか?放っておけばおくほど、どんどんひどい虫歯へと進行していまいます。初期の虫歯なら、歯が再石灰化して治ることもあります。けれども、ひどい虫歯は歯医者さんにいかないと治すことができません。

 

ひどい虫歯をそのままにしておくと、歯だけではなく全身に影響を及ぼすこともあります。ひどい虫歯をかばうために、虫歯がない方の顎ばかり使うことで、肩こりや顎関節症の原因のひとつになると言われています。ひどい虫歯は、口臭の原因にもなるので人間関係にさえ、悪影響を及ぼすのです。

 

ひどい虫歯があると、歯医者さんにボロクソに怒られるのではないか?と沈んだ面持ちで歯医者に向かう人がいます。また、ひどい虫歯を含めて、周りの歯などいくつ歯を抜かれるのか?と溜息をついてしまう人も。

 

最近の虫歯治療は「ひどい虫歯であってもできる限りは抜かない」のが、主流です。高齢になった時に、総入れ歯になると咀嚼がしにくくなり、栄養の吸収が悪くなります。将来を見越して、できる限り抜かずにひどい虫歯を治療するようになっています。

 

けれどもひどい虫歯の場合、1本も抜かないというわけにはいきません。ひどい虫歯は、歯の根っこの治療から行います。根っこが死んでいるようなひどい虫歯は、他の歯に悪影響を及ぼすことがあります。ひどい虫歯を抜いて差し歯にすることで、歯全体を守ることもあります。

 

ひどい虫歯の人ほど「歯医者さんに怒られるのが嫌」だという意見が多いですよね。開業している歯医者さんにとって患者は「お客様」のような存在です。子供の時に怒られたイメージが強い人もいますが、大人になってからはひどい虫歯だからと頭ごなしに怒られることが少ないでしょう。もちろん「ひどい虫歯になる前に、もっと早く来てくれれば」ぐらいは歯医者さんに言われると思います。

 

ひどい虫歯の治療が終わると、噛み合わせまで正常に戻ります。歯の見た目も、歯垢を取ったりしてもらえるのでピカピカになります。綺麗な歯が、人に好印象を与えます。人と話した時にひどい虫歯だらけで口臭がしたら、いくらいい事を言っていても聞いてもらえないこともあるでしょう。営業マンなど人と接するお仕事の人で、ひどい虫歯のある人はできるだけ早く治療を始めて下さい。

 

自宅や会社に近い歯科医院が一番です。ひどい虫歯によって痛みが出ている人は、無痛治療に力を入れている歯科医院を選んでも良いかもしれません。麻酔の痛みが嫌いだったり、歯医者自体に苦手意識がある人にぴったりかもしれません。なにはともあれ、ひどい虫歯は早めに治療を始めて下さい。

スポンサード・リンク